資産運用のコツは「長期 積立 分散」 です。

と こちらの記事でお伝えいたしました。

また、リスク許容度について我が家なりの考え方で投資していることも、こちらの記事でお伝えしました。

長期の大原則を理解しつつ、リスク許容度の範囲内で投資していますが、その時の経済情勢等の情報で私の心が揺れ動きます。




色々と考えてしまい、長期で積立で投資している、インデックスに連動する投資信託を売却してしまっております。

下表は、2015年から2023年までで投資信託を売却した履歴のまとめです。


投資信託売却




そこで、将来へ向けた資産形成を円滑に行うための、私自身の戒めとして、これまでの投資信託の売却額と確定損益などをまとめてみました。

機会損失を評価するため、我が家の投資信託売却額858万円(2015-2022年)を売却せずに、オルカンに積立投資していたとして、運用成果を計算してみました。


【試算の条件と結果】

・投資対象:eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)、利回り9%

・期間:2015-2022年の8年間

・投資額:月額9万円*12ヶ月*8年=864万円

・8年間での最終積立金額 1258万円

・運用収益 394.7万円

・元本 864万円

・2015-2022年の確定損益 12.4万円

※eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の平均的な利回りは、年利8.98%が目安です



オルカン試算

資産運用シミュレーション 金融庁ホームページ



試算した運用収益から実際の確定損益を差し引きすると、394.7-12.4=382.3万円

その時の経済情勢から、解りもしない今後の株価動向を予想し、損失を恐れて売却した結果の機会損失が-382.3万円となります。

我が家の1年間の支出の大部分を賄える金額です。

「臥薪嘗胆」とするために、自分の失敗の悔しさを忘れず、失敗を糧として目的を達成したいと考え記事としてみました。

人間の心は、弱いものですね。過去の投資状況を顧みると、改めて分かることがあるものですね。

私の経験ですが、これから資産形成される方のお役にたてればと思っております。


記事を読んで頂きありがとうございます。
お手数をおかけしますが、ブログランキングの応援をお願いいたします。






ありがとうございました!